HOME>トピックス>賢く探そう大阪の有料老人ホーム選びは見学が命!

老人ホームはたくさんあるけど……

老人ホームにはたくさんの種類があります。

有料老人ホームと特別養護老人ホームを比較してみた

特別養護老人ホームの場合

特別養護老人ホームは、公的施設で所得が低い人でも入居が可能ですが、入所できる年齢と介護度が決まっています。特別養護老人ホームだと、入居できる年齢が65歳以上で、介護度も要介護3以上からの人しか受け入れができない決まりです。最近は老人ホームの需要が高いので、入居できる条件をクリアしている人でも住んでいる地域によっては、希望者が多く入居の順番を待っている所もあります。

有料老人ホームの場合

有料老人ホームは、民間で運営されていて、入居者の制限があまりなく、施設によって受け入れ条件が異なりますが、介護度が低い人から要介護5の人まで入居が可能です。料金が特別養護老人ホームよりも高くなってしまいますが施設によって設備が違うので、自分に合ったサービスを受けられるホームを探す事ができます。

賢く探そう大阪の有料老人ホーム選びは見学が命!

食事

老人ホームを選ぶには情報収集が大切

介護の手が必要になったり、自分一人では生活がしづらくなってしまうと、老人ホームの利用を考える人も多いでしょう。年々老人ホームの種類は増えてきていますが、どんな老人ホームが自分に合っているのか入所してみないと分からない所があります。自分に合った老人ホームを探すためには、まず自分がどんなサービスを受けたいのか、老人ホームに入所してどんな生活を送っていきたいかなどある程度希望条件を定めておく必要があります。希望する老人ホームの目星をつけている人は、情報を集めたり施設の見学を行なってから入居する老人ホームを決めるようにしましょう。

老人ホーム

資料請求で注目してほしい所

情報集めのために大阪で施設のパンフレットを集めたりする人は多いと思います。パンフレットには、施設の設備やサービス内容、どのような理念を持っているのかなど施設に関する色々な事が書かれています。しかしパンフレットはあくまでその施設の宣伝として作られているので、良い部分が多く書かれている事が多く、実際に入居してみると思っていた所と違っていたという事があります。パンフレットをチェックする際は、小さな文字で書かれている部分も見落とさないようにチェックしておくようにしましょう。

男女

見学に行ったときに見ておくポイント

入居先を探すために老人ホームに見学に行く人は多いと思います。見学する事で、パンフレットには書かれていない実際の施設の雰囲気を感じ取る事ができるでしょう。老人ホームを見学する時に見ておくポイントは、施設のスタッフがどの位いるかです。また、働いてるスタッフの利用者に対する態度はどうかも見ておくとその施設のスタッフが信頼できる人達なのかを知る事ができます。